読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超電導リニア、体験乗車してきました。

旅行 日記

f:id:tomatsusena:20160804231752j:plain 昨日、山梨リニア実験線超電導リニアの体験乗車に行ってきました。 あいにくの天気だったのですが、時速500kmで地上を駆け抜ける乗り物として新幹線なんかとは比べ物にならないハイテクさを感じてきました!

 

f:id:tomatsusena:20160804232157j:plain

 最終便だったので事前に上にある展望台から前便の走行を写真に収め(※記事最初の写真、あまりの速さに静止画撮影に失敗したので動画切り出しです)、その後受付時間に会場へ。簡単な確認と手荷物検査、そして応募番号を入力してチェックインを機械で行うという飛行機風の作業を済ませ控室へ。簡単なビデオを視聴したのち、号車ごとにリニアの車内へ。飛行機の様なホームの為、乗車の時点だと外装は見えません。

f:id:tomatsusena:20160804232753j:plain

 座席はこんな感じで、中々凝った模様のシートです。

f:id:tomatsusena:20160804232858j:plain

 実験線は全長40km程ありますが、時速500kmの本気を出すと直ぐに終点についてしまう事もあり最初と最後に端まで新幹線の速度(※それでも最高速度級だから相当速いです)ぐらいで移動し、間の往復で時速500kmを体感できます。ただ正直なところトンネルばかりで速さの感覚を麻痺してくるので、画面越しで速度計と時折見える景色の移り変わりで感じる形になります(笑)

f:id:tomatsusena:20160804233328j:plain

 まぁ速度は体感しづらくても、超電導リニアの浮上走行は未来の乗り物といった感覚を十二分に感じさせてくれます。時速130kmぐらいまではタイヤ走行している車体が浮上走行に移る時の不思議な感覚とその静かさは他では経験した事の無い感覚でした。減速時のタイヤ走行への移行も思っていた以上に滑らかで、飛行機の様な不安さや音が全く無いのがとても印象的でした。時速500kmは全線開業して乗ってみるとより有り難みを感じられるでしょうね。

f:id:tomatsusena:20160804234025j:plain

 往復走行を終えてリニア実験センターに戻ると車両の先頭車両をガラスごしですが見る事ができます。かなり長い流線型の先頭車両ですが、運転席の存在感の無い車両というのは見慣れないものですね。格好良いとは思いますがw

最後にここでアンケートを書いて体験乗車は終了でした。山梨県という事もあり、都内からだと少し遠いですが行って良かったと思える体験でした。